2015年01月10日

吃音の原因はわかっていないけど改善します


吃音の原因はわかっていないと言われています。


でも、これは(西洋)医学的にわかっていないということであって、改善しないということではありません。薬や手術などによって治るものではないのですが、日常生活に支障ないレベルまで改善した人は大勢います。


吃音者には非吃音者とは全く異なる心理があります。


「どもっているのを聞かれるのは恥ずかしい」
「吃音がバレるのは恐い」
「吃音だとわからないように話したい」


人と話すたびに羞恥や恐れなどの感情が働き、これが吃音を悪化させたり、改善を妨げたりするのです。すると、ますます羞恥や恐れが強くなります。負のループに入ってしまうわけですね。


吃音を改善するには、この負のループを断ち切ることが重要です。


どうやって断ち切るのか?その具体的な方法をプログラム化したのが、
【M.R.M】吃音(どもり)・完全克服プログラムです。


精神的にたかぶっている時に「眠ろう」と思っても眠ることはできません。そんなときには眠気を催す何か別の事を行うのが有効です。


【M.R.M】プログラムは「負のループ」を断ち切る際に同じような役割を演じます。これが無いと、断ち切るのは困難でしょう。

posted by Invfreq at 16:06| 吃音改善法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

吃音者は珍しくない


吃音者は珍しくありません。

あなただけが特別ではありません。


吃音に悩む人は100人に1人くらいいると推定されています。日本人口を1億2000万人とすると、全国に120万人の吃音者がいる勘定になります。会社や学校、駅、繁華街などで周りを見回せば、そのなかに大勢の吃音者がいるはずなのです。


吃音改善のためには、どもることに劣等感を抱かないことが非常に重要です。意外とありふれた症状であると、まずは思うことです。


ちなみに、いくつかの「悩み」に関して推定患者数を調べてみました。


多汗症: 人口の4%=480万人
対人恐怖症: 300万人以上
あがり症: 300万人
強迫性障害: 人口の2%=240万人
円形脱毛症: 人口の1.2%=150万人
アトピー性皮膚炎: 70万人


これらと比べると、吃音症の患者数は多い方ではないものの、けっして少ないとは言えないレベルであることがわかります。


繰り返しになりますが、あまりコンプレックスに感じないことが大事です。


タグ:吃音
posted by Invfreq at 13:32| 吃音改善法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

吃音改善法との出会い


吃音改善法との出会いも、

やっぱり「引き寄せの法則」


吃音には潜在意識が深くかかわっています。


そして、潜在意識といえば「引き寄せの法則」が頭に浮かびます。真剣に念ずる事は実現する、というものですね。


「引き寄せの法則」を利用するには、幾つかのコツがあるようですが、それはさておき、私自身、これは「引き寄せの法則」で出会ったのではないか?という教材やソフトや情報があるんですね。


最近も、スマフォでお店の集客をするために重要な、一部の人にしか知られていない知識を解説した教材とであったのですが、その情報が載っていた場所や期間やそこに到達するルートを考えると、かなり奇跡的という感じなのです。念じていたから出会えたのではないかと思うのです。


さて、これをお読みの皆さんは、吃音について悩んでいるか関心を持っているはずです。だから、奇跡的に(?)このサイトに到達したのかもしれません。


いまネット上では、いろいろな吃音改善教材が紹介されています。しかし、「これは!」と思えるような教材はあまりありません。


もしも、自宅で誰にも知られずに吃音を改善したいと願っているのであれば、このサイトで紹介している、次のどちらかの教材を実践してみてください。



1.M.R.M吃音(どもり)克服プログラム

2.早坂式吃音(どもり)改善術


どもるかどうかなんて、どうでも良い事に思えてくる過程を経て、ある時ふと気づくと、あまりどもらなくなっている。そんな感覚に違和感を感じないのであれば、1のM.R.M吃音(どもり)克服プログラムが合っているでしょう。


吃音を改善した人の話を聴きたいとか、子供の吃音を改善したい場合には、2の早坂式吃音(どもり)改善術が適しています。

posted by Invfreq at 10:38| 吃音改善法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。