2015年01月10日

吃音の原因はわかっていないけど改善します


吃音の原因はわかっていないと言われています。


でも、これは(西洋)医学的にわかっていないということであって、改善しないということではありません。薬や手術などによって治るものではないのですが、日常生活に支障ないレベルまで改善した人は大勢います。


吃音者には非吃音者とは全く異なる心理があります。


「どもっているのを聞かれるのは恥ずかしい」
「吃音がバレるのは恐い」
「吃音だとわからないように話したい」


人と話すたびに羞恥や恐れなどの感情が働き、これが吃音を悪化させたり、改善を妨げたりするのです。すると、ますます羞恥や恐れが強くなります。負のループに入ってしまうわけですね。


吃音を改善するには、この負のループを断ち切ることが重要です。


どうやって断ち切るのか?その具体的な方法をプログラム化したのが、
【M.R.M】吃音(どもり)・完全克服プログラムです。


精神的にたかぶっている時に「眠ろう」と思っても眠ることはできません。そんなときには眠気を催す何か別の事を行うのが有効です。


【M.R.M】プログラムは「負のループ」を断ち切る際に同じような役割を演じます。これが無いと、断ち切るのは困難でしょう。

posted by Invfreq at 16:06| 吃音改善法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。