2013年01月12日

吃音を改善することの【本質】


吃音を改善する事の本質は、

「忘れてしまうこと」です。


吃音者には必ず潜在意識に誤った認識があります。話す時に言葉につまり、どもってしまうイメージです。


このイメージは不都合なので、消去したいのですが・・・


実際には消去できません。


それどころか、意識すればするほど不都合なイメージを強化してしまうのです。誤った吃音改善法を実践すれば、治らないにもかかわらず繰り返し意識する事になるので、吃音は悪化してしまいます。


たとえば、


「人と話をする前に、心の中で『私は吃音ではないので大丈夫』と唱えたみてください」


などと言われたら、どうでしょう?


唱える度に吃音のイメージが頭に浮かび、かえって吃音を悪化させてしまうでしょう。


もう、おわかりだと思いますが、吃音を改善するには「吃音であることを忘れる」のが重要なのです。


しかし、自分が気になってしょうがない事を忘れるのは至難の技です。一般的には「不可能」と言ってよいでしょう。


ただし、これは忘れようと思って忘れる場合の話です。他の事に気をとられて忘れていた、という経験は誰しもあると思います。ここに吃音改善のヒントがあります。


アプローチを変えれば、吃音を忘れて、その結果、吃音を克服することができるのです。そのための正しい方法は、


【M.R.M】吃音(どもり)・完全克服プログラム


で知ることができます。


posted by Invfreq at 13:52| 吃音改善法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。