2012年04月24日

あの人も吃音(どもり)だった


世の中では、意外な人が吃音(どもり)で悩んでいた経験を持っているものです。最近知ったのですが、ダン・S・ケネディ氏もそんな1人です。


ダン・S・ケネディ氏は、マーケティングの大御所であり、コンサルタントでもあり、また講演者としても第一級のプロです。マーケティングに興味がある人で、彼の名前を知らなければ“もぐり”ですね。


講演では何万人という聴衆を前に喋り、その対象者は年間20万人以上に上ります。しかも、そんな講演については20年以上の経験を持っています。


普通なら、さぞかし子供の頃から人前で喋るのが得意だったんだろうと思うところですが・・・


実は違うのです。少年の頃はひどい吃音だったのだそうです。


どうやって吃音を克服したのかと言えば、潜在意識をうまくコントロールするテクニック(サイコ・サイバネティクス)を用いたのです。


この例からも、吃音(どもり)改善のキーワードは潜在意識であるとわかります。


そして、このサイトで紹介している【M.R.M】プログラムが、まさにそれなのです。


それにしても、勇気が湧いてきませんか?


ひどい吃音に悩んだ少年が、世界中に名をはせる超一流のマーケッター&講演者になったのですから・・・。

posted by Invfreq at 22:04| 吃音改善法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。